月別アーカイブ: 2017年11月

【リボ払いとは何か?…リボ払いの仕組みについて】

クレジットカードの支払い方法には、一括払い、分割払い、リボ払いなど、
色々な種類が有りますが、この中で、リボ払いとは何かという事について、詳しい内容をご存知でしょうか?

リボ払いとは、月々の支払い額が低く抑えられるので、何となく得かも…と思ってしまう方も多いかと思われますが、
実は、リボ払いには、とんでもない落とし穴が有るのです。
そこで、そもそもリボ払いとは何か、その仕組みとは何なのかについて、ご紹介したいと思いますが、
リボ払いとは何かという正確な知識を持つ事は、今後、クレジットカードで買い物をする際に、実に有益であると言って良いでしょう。

まず、リボ払いとは何か、というのを一言で説明すると、
「月々の支払額+手数料」を、毎月支払って行くという事になりますが、
そう言われると、分割払いとリボ払いの違いが、よくわからないという方も多いのではないでしょうか。

しかし、分割払いは最初に支払回数を決めて支払っていく方法なので、
リボ払いとは、根本的に異なります。
リボ払いは、元金の支払い額の最低金額(カード会社により異なりますが、例えば、元金を月々5000円で支払うなど)が設定されており、
その月々の元金に対する支払い額に、手数料を上乗せして、支払っておきます。
そうなると、月々の支払い額は少額で済むので、一見、お得なように見えますが、
リボ払いで、毎月支払う手数料は、利用残高×手数料率÷365日×30日という計算式に基づき、計算されます。
従って、手数料は利用残高に対して発生するという事になりますが、月々の支払額を低く抑えていると、
利用残高は一向にに減らず、また、残高が減らなければ、その分だけ、支払回数も嵩んで行きます。

結果として、手数料がかさみ、支払い総額は、大きくなってしまうという事になります。
つまり、カード会社としては、リボ払いで支払いをしてもらうと、手数料をどんどん得る事が出来るので、
それだけ、利益が大きくなって行くわけです。

そして、リボ払いの支払いが終わってみると、手数料がとんでもない額になっており、
大損してしまった…という事にもなりかねません。
以上のように、リボ払いとは、結果として損をする可能性が有るという事を踏まえて、
慎重にご利用して頂ければと思います。