選ぶなら、眼鏡かコンタクトレンズか、レーシックか

 長い間コンタクトレンズを愛用していた知り合いが、ついにレーシックの手術をしたそうです。眼鏡からコンタクトに変えた時には「フレームがないから世界が広い」「裸眼と同じ」などと言っていた彼女ですが、今回はまさに裸眼でも のが見える状態になり、本当に嬉しそうでした。
「朝起きた瞬間から、夜眠る寸前まで目が見えるんだよ」というのは、名言だと思います。視力が悪い人は、起きてすぐに眼鏡を探しますからね。
 ただ私は、彼女のようにレーシックをすることなく、コンタクトレンズで一生過ごすだろうな、と想像しています。
目にメスを入れるのがどうしても怖くて……今のままでも見えるからいいじゃないか、という気持ちになってしまっているのです。
コンタクトも慣れてしまえば、そう苦労もありませんよ。以前は毎日の洗浄が面倒でしたけど、今は必要な時だけワンデータイプを使っているので、
その手間はないうえに、衛生面では抜群です。
 それにだいぶ種類も増えましたからね、その人ごとに気に入ったも のを選べるのもいいところです。あとは着け心地もかなり良くなっているような気がします。
おそらく、私が使い始めた当初よりも、コンタクトレンズの質が上がったのでしょう。それはつまり、それだけ多くの人が、コンタクトを求めている人が多いということでもあります。
 眼鏡、コンタクトレンズ、レーシック。お金や手間暇、いろいろありますが、大事な目のことだからこそ、よく考えて自分に合った視力矯正方法を選んでいきたいですね。